モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>筑西事務所 青年セミナー

 3月8日(土)、茨城県筑西市地域交流センターにおいて、筑西事務所初となる青年対象セミナーを、参加者87名で開催しました。お誘い活動をギリギリまで東奔西走された諸先輩方の御努力に、改めて偉大な存在を感じました。
 事務所が復活して早5年、セミナー開催のねらいを先輩方に相談したときに「新しいこと」「一体感」「あったかい雰囲気」などのアドバイスから、これらを念頭に運営をしました。
 講師は俣野幸昭氏(千代田事務所)による青年向けのわかりやすいお話でした。講義内容はテキスト『心新たに生きる』と、講師自らの体験談や聖人の言葉を用いながら、ひとつひとつ丁寧に説明されました。モラロジーをはじめて聴かれる方にとっても、非常にわかりやすいお話で、終日講師の体験談にうなずく受講者の姿が見受けられました。
 また、日本の歴史が古(いにしえ)より永らく続いている理由として、相手を想い、自然を敬い、祈る精神が今まで受け継がれてきたこととその体現者であるのが天皇陛下であるということなどの説明が明快でした。他方、講義の合間にレクリエーションや音楽の時間『音楽の夕べ』を設け、俣野講師や主催者側もまざることで相互交流ができ、時には歌声も聞こえる和やかなひとときとなりました。
 その後の懇親会では笑い声が絶えず、筑西事務所らしい雰囲気に包まれました。最後に、関係者の皆様、こんなにも素晴らしいセミナーをありがとうございました。これを無駄にせず、さらなる事後開発に努めます。

<報告:上野 創(筑西事務所)>