モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>関東ブロック 第9回青年交流会

6月25〜26日に栃木県足利市に於いて、第9回関東ブロック青年交流会が52名(内子供13名)の参加のもと開催されました。
 初日は、地元足利事務所の和田雅雄講師(参与)から「木村半兵衛」についての講演を頂きました。木村半兵衛は初代から4代までの4人おり、それぞれ鑁阿寺太鼓橋の建設、小俣小学校開校に尽力、第四一国立銀行の設立、両毛線の開通などの足跡をお話頂きました。特に鑁阿寺太鼓橋の建設は3代目の木村半兵衛の長男(4代目木村半兵衛)が生まれ、その誕生記念として太鼓橋建設の発起人となり大金を寄進したそうです。鑁阿寺太鼓橋は現在栃木県重要文化財に指定されています。
 講演後は、研究発表ということで各県代表者に発表してもらいました。その後、話し合い学習を行いました。また、同時並行で行われたキッズプログラムでは、紙芝居、ビンゴゲームなどを行い子供たちの楽しい一時となりました。
 懇親会では、同世代の仲間、ご尽力いただいた先輩方と楽しい語らいの時間となりました。一次会・二次会・・・と続いた長い長い夜は、昼間同様に濃密な時間となりました。  二日目は初日の講演で学んだ鑁阿寺の見学、足利学校の見学を行い、足利学校では論語の素読体験を行いました。その後、来年度の担当の千葉県へ襷のリレーを行い閉会となりました。


<報告:辰巳 仁謙(宇都宮事務所)>