モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>東京都モラロジー青年クラブ 概論学習会 in 畑毛記念館

 先週までの大雨が嘘のようでした。当日、11月6日は朝から抜けるような青空が広がる晴天で、もしかしたら、これから一泊二日の研修会で畑毛講堂に行く私達30人を、広池博士が歓迎してくれたのかも・・・と思わせてくれるような、すばらしく爽やかな朝でした。 道中、東名高速で渋滞があったものの、バスの社内ではインパクトのある自己紹介や隣の人達との楽しいおしゃべりで、気がついたら畑毛講堂に到着していました。

バスの中
太田さんの発表

 1日目の講義は『自我没却』のお話しで、千代田の太田さんの発表の後、松浦講師、山本館長の講義を聴講させていただきました。 太田さんは善い心と悪い心を水と烏龍茶に例えて、実演を交えながら発表してくれたのが印象的でした。講義のあと、予めグループ分けしておいたメンバー同士で講義の感想を共有し、今回初試みの『ホメホメ大会』でそれぞれのメンバーをお互いが褒めまくり、懇親会を前にすっかり気分が良くなってしまいました。

松浦講師
山本講師

 そして、いよいよ参加者全員が楽しみにしていた料理とお酒が出る懇親会です。会場に運ばれてくる料理を見て皆、一気にテンションが上がりました。 想像を遥かに超えた御馳走であちこちから歓声があがりました。新鮮なお刺身の数々やお寿司、きれいに盛りつけられたオードブル。どれをとっても絶品で、ボリュームもあり、美味しさと満腹でとても幸福な気持ちになりました。


また、南関東ブロックから武田さんも懇親会に参加されていて、2年後の青年大会に対する意気込みを聞かせてもらい、来る東京大会に向けてメンバーの団結力と士気をあげることが出来ました。


講義の様子
話し合い

宿泊する老舗旅館『光林』に到着すると、宿自慢の露天風呂につかり、すっかり旅の疲れを癒すことが出来ました。その後も、気心の知れたメンバーたちと大部屋で夜遅くまで語り合いました。本当に来て良かったと心から思いました。

次の日は山本龍太郎会長お勧めの温泉饅頭のお店でホクホクの美味しいお饅頭を頂いた後、しっかりと受講させていただきました。


2日目は『正義と慈悲』の章で大澤さんに発表していもらい、つい最近退職された歯科病院で歯科医として勤務されていた時の体験談を交えて、患者さんとの接し方や院長とのやりとりなどの中で御自身が気付かれた点を発表していただきました。 その後、松浦講師による解説をご講義いただき、閉会式となりました。

 
集合写真〜♪
 

 今回の研修会ではモラロジーを学ぶ青年同士の団結力を高めることができ、大成功だったと思います。しかし、この成功は素晴らしい講義をしてくださった講師のお二人、最高のおもてなしで迎えてくださった畑毛記念館のスタッフの方々、今回、企画運営に携わってくれたスタッフの皆さん、そして、お互いに気持ちよく研修会が出来るように気配りしていた参加者のみなさんの心遣い、そのどれもが成功にはなくてはならないものだったと思います。
 全てに感謝するとともに、モラロジー青年クラブの一員としての自覚をもって行動し、また、この思いを今回参加していない仲間たちとも共有したいと改めて感じました。

 

 

<千代田モラロジー青年クラブ 宮原 敦史>