モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>東京都モラロジー青年クラブ研修会

5月19日(土)に東京ブロック青年研修会を開催しました。参加者は36名、今年度は、平成27年に開催する全国青年大会in東京を意識し、「東京」「家族」を話し合いのお題としてワールドカフェを行いました。


 
 

「東京」をテーマにした話し合いでは、スカイツリーや江戸、皇居、徳川家康、上野動物園、そば、東京タワー、といった場所や文化に関する意見が多くでました。地方から上京された方が多く、「東京」というものに憧憬や恐れなどのイメージをしていた人や、修学旅行で行く場所といった、観光や名物をイメージをしていたが多く見受けられました。意外にも生粋の東京生まれ東京育ちは若干名いらっしゃるだけでした。


 

そして「家族」をテーマにした話し合いでは、帰れる場所、累代教育、いのちのつながり、ご先祖様、国家の基礎、伝統といった精神的な面が強いキーワードに関する意見が多く出ました。また、どのような家庭がいいか、二世代、三世代住居についてなど、「家族」というテーマから派生して「家」そのものを話し合う場へとなっていき、「道徳は家庭から」という標語のような、あるべき家庭の姿などを模索したりグループもいました。


 
 

総括を東京都協議会副会長の相川修治さんよりいただき、私たちに「やるだけやってごらん、協力します!」というメッセージを送ってくださいました。
 その後は、別会場からモラロジー協議会の運営会議を終えた代表世話人の皆様も交え、60名で、東京都青年クラブの総会を行いました。今年度事業、予算、昨年度決算を報告し、20代の青年もメンバーとなり新しい顔ぶれが並びました。



最後は、懇親会です。白石ブロック部長から全国青年大会を盛り上げていこうと激励の言葉とともに乾杯。各地の活動紹介、案内から、先輩がたからの応援メッセージ、最後には、結婚が決まったメンバーからコメントをもらい、終始和やかな雰囲気で懇親会が行われました。懇親会は、3次会まで続いていきました。



<青年部青年育成課>