モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>東京ブロック 「プロジェクトM」

11月23日(土)、東京都青年クラブでは今年で第11回となる『プロジェクトM』を東京講堂において開催しました。 プロジェクトMとは、例年決められたテーマについて各青年クラブで勉強会を行い、その成果を発表するイベントです。
 今年のテーマは「幸福」。各発表時間は5分と短いものの、16事務所から半年の研究成果が詰め込まれた発表が約70名の参加者に披露されました。さらに、参加者はグループに分かれて、発表内容に即した“川柳”を作成。懇親会で発表されると、創意工夫された作品に感嘆の声が上がりました。

今回企画の担当となった北地区青年クラブ(足立・荒川・板橋・東京北)では、会のマンネリ化を防ぐための工夫に重点を置いて検討を重ねました。川柳を作る案も今回が初めてで、少し難易度の高い課題に不安がありましたが、真剣に考える参加者の姿を見て嬉しく感じました。



<報告:実行委員長 山本博司(荒川事務所)>