モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>東京ブロック 第2回青年研修会

 9月2日(土)〜3日(日)、柏生涯学習センターにて東京都協議会主催、第2回青年モラロジー研修会を開催し、49名が参加しました。
 テーマは『パーソナリティーとコミュニティー』と題し、野本廣之講師(船橋事務所)、松倉功和講師(麗澤中学・高等学校教諭)、大塚裕講師(東京中野事務所)のお三方をお迎えし、「経営者」、「教師・ラグビー部監督」、「自衛隊」というそれぞれのお立場から考える個人と共同体との在り方についてご講義賜りました。  また、ある課題について意見を出し合い解決策を導き出す分科会や、キャンパスプラザでの懇親会など、学びと交流の両輪で参加者同士の絆がより深まりました。
 この研修会は、『全国青年大会in東京』から1年半が経ち、12年後へ向けた新たなスタートの肚づくりとして発会した経緯があります。
 青年大会以後、当時と比べると現在の青年活動に参加する人数や活気はかつてほどは感じられないのが現状です。しかし、そのような状況でもモラロジーを学ぼうとする姿勢や熱意は失われず、さらに増していると、この研修会を通じて感じました。この研修会をきっかけとして、青年クラブ活動につながる方が一人でも増えれば幸いです。
 

<報告:内田英徳(文京事務所)>