モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>天皇誕生日 旗配りのお手伝い

 12月23日(土・祝)、天皇誕生日に皇居での「旗配り」に参加しました。朝の9時から、一般参賀へ来た方々に国旗を配布するのが「旗配り」です。モラロジーではいつも3ヶ所ある入場口の内の馬場先門を担当しており、シニアの先輩方から小さなお子様たちまで皆一丸となって「おはようございます」の挨拶と共に旗を配ります。参加者の多くは子供が幼い頃からご家族で参加されている方ばかりで、今や累代で育む伝統行事です。去年今年と学研の学生たちも大勢参加して下さりました。昨年、闘病の末お亡くなりになられた事務所の御先輩が、奉仕活動の一環として平成元年よりモラロジーの仲間たちと始め、毎年続けて来られたのがこの「旗配り」です。
 後輩はもちろん、モラロジーの同士である私たちが、伝統として受け継いでいくべき報恩のお役目であると、先輩方の背中を見てそう思いました。そして、今上天皇が御退位されるまでに旗配りが出来るのはあと2回です。大恩に恩返しをする機会はそうあるものではありません。「旗配り」を通し、陛下に「お疲れ様でした」と感謝を伝えることが僅かでも出来たなら、こんなに嬉しいことはありません。たとえ年号が変わっても、伝統を受け継いだ私たちが「旗配り」というお役目を毎年欠かさず続けて行くことで、天国の御先輩にも安心して頂けるのだと思いました。参加者の皆様、今年も有難うございました。
        
 

<報告:國本文和(墨田事務所)>