モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>南関東ブロック 富士山植樹&家族のきずなキャンペーン

平成26年4月29日(火)、南関東ブロック青年クラブ14名は、富士山新五合目(御殿場市)でNPO法人富士山ナショナル・トラスト主催の植樹活動に参加しました。また、その会場で続いて開催された御殿場モラロジー事務所の『ニューモラル』家族の絆キャンペーン号配布活動にも参加しました。
 富士山東南麓は、宝永噴火により大砂礫地となり、毎年の雪崩により現在も崩壊が進んいます。その崩壊を緑化によって防ごうとしているのが、今年で20年目を迎えるこの植樹活動です。富士山が世界文化遺産登録されて初めての植樹祭で、イヌコリヤナギ2300本を約300名のボランティアと共に植樹しました。
 また、日本で1番標高の高い場所での『ニューモラル』配布を行い、小雨の降る中ではありましたが、清々しいとても充実した時間を過ごしました。
 また、午後には廣池千九郎畑毛記念館へ戻り、『道徳科学の論文』に学ぶ会へ参加し、多くのご先輩方と共に『論文』学習の意義について学びました。その後、青年運営会議を開催。南関東ブロックでは、これからも"学び"と"活動"を両輪に青年活動をさらに盛り上げていけるよう取り組んでまいります。
 

<報告:静岡県青年代表 伊村美幸(浜松西事務所)>