モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>南関東ブロック 青年研修会in伊勢

   5月23日(土)〜24日(日)、南関東ブロック青年研修会in伊勢を開催しました。
 この研修会は、2月に東京で開催される「全国青年大会in東京」並びに4年後に控える南関東ブロックでの大会を見据え、「国の伝統を中心に学び、肚づくりをしたい!」という青年の声で、伊勢の神宮での参拝・研修となりました。参加者27名の内、東京ブロックからも3名の参加がありました。
 一日目は、畑毛記念館をバスにて出発。車中で事前研修を行い、伊勢到着後は外宮を参拝し、せんぐう館を見学しました。  その後「神宮と皇居」のテーマで山中隆雄講師(伊勢事務所)にご講義いただきました。山中講師のお話しでは「日本は本当に素晴らしい国であり、世界に誇る文化を持っている。日本について良く学び、良く知り誇りを胸に抱いてもらいたい」という熱いメッセージをいただきました。伊勢の神宮では、神話が今もなお生きており、受け継がれているということ。公(無私)・共存の精神であることという言葉が強く印象に残り、普段の生活で自分中心の心がどれだけ働いているかを考えさせられました。
 学びの後は、一番の楽しみでもある懇親会。東海ブロック・東京ブロックの青年と共に楽しい一夜を過ごしました。
 二日目は、二見興玉神社を参拝。初日に引き続き東海ブロックの青年に内宮をご案内いただきました。正式参拝と御神楽を奉納させていただき、とても内容の濃い二日間となりました。ブロックの枠を超えた交流、そして改めて日本に生まれて幸せだなと心の底から思いました。
 先人先輩に感謝し、伝統報恩の心を大切にしながら共に学び、共に遊び、共に実行していく仲間を少しでも増やしていけるよう、心を磨いていきたいと思います

<報告:南関東ブロック青年代表 武田大和(小田原事務所)>