モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>第2回岐阜県モラロジー青年交流会

集合写真
集合写真

平成25年7月14日に中日本生涯学習センターにて第2回岐阜県青年交流会「つながろう!つなげよう」を開催しました。去年の11月に第1回を開催し、岐阜県の青年代表を中心に顔合わせと意見交流を目的とし、青年活動の活発化を目指して始まりました。今回は第2回となり青年代表だけではなく岐阜県の青年の方すべを対象として各事務所に周知をお願いし、当日の参加者は青年15名、青年育成7名の参加をいただきました。参加人数としては満足いくものではありませんが、第1回とは違う顔ぶれも見えこれをきっかけに新たな活動の輪が広がればと思っています。
 交流会では、麗澤瑞浪中・高等学校の高瀬仁志教諭より「日本、この国のかたち」というテーマで講義をしていただき、古事記・皇室の話を中心に日本のすばらしさ、そしてなぜモラロジーという学問が必要なのかについて熱心にお話いただきました。続いてグループディスカションを青年と育成に分かれ行いました。  

集合写真

ディスカッションでは今までの自身の国家観を見つめなおし、日本の素晴らしさの再認識し、今まで学んだことを青年活動・仕事・家庭生活の中でどう生かしていくか、を活発に議論しました。最後にグループごとに意見や決意発表をしていただきました。当日は青年塾とも日程が重なっていたため、半数以上の方が残っていただき青年塾にも参加をしていただきました。
 今年は岐阜県のモラロジー協議会設立80周年を迎えます。次の100周年に向かうためには現在の青年活動の活発化が不可欠です。各事務所単位での青年活動が思うようにできていない現状ですが、このような交流会を通じて各事務所の青年の方と顔合わせができ、仲間が一人でも増えていけるよう、これからも定期的に開催していきます。

<報告:青年交流会実行委員長 榊間 大祐>