モラロジー青年活動ネットワーク

<報告> 東海ブロック青年代表研修会

平成19年10月14日、瑞浪生涯学習センターを会場に「平成19年度東海ブロック青年代表研修会」を開催しました。

今回は、「より良い仲間作り&立志」をテーマのもと58名の参加があり、今年も、平尾賢弘氏(浜名湖事務所)を講師に、「理解しあうスキル」と題して、より良い仲間作りの手法としてコーチングを指導いただきました。
 前回のおさらいもしながら、、アイスブレイクで始まり、聴く演習・承認の演習を行いコーチングを体感しました。そして、青年クラブの育成は自分の品性づくりを柱に3Dマップの活用の説明や、人生設計についてもお話しいただきました。その後、

「バーチャル青年クラブ構想」の紹介をし、8グループにわけ、ビジョン、目標、青年に取り巻く環境など一つ一つの項目を明確にしながら話し合いを進めました。
 今回の研修を通して参加者からは、「具体的な計画を立てて実行する重要性を実感しました」、「心を開いて相手へ向き合うことの大切さに気付きました」、「心から聴くっていいことづくめだということが分かりました」、「バーチャル青年クラブは、時間を有効に使えて大変いい案だと思います。」等など多くの感想を聞くことができました。
  詳細は報告書(PDF)がありますのでぜひご一読ください。

田形 博司(東海ブロック青年育成担当)