モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>
  名古屋中川・南、美浜事務所合同青年セミナー

平成20年3月16日(日)に田中正人講師をお迎え致しまして、名古屋市南区にあるスポーツ振興会館にて、名古屋南・名古屋中川・美浜モラロジー事務所合同青年セミナーを開催致しました。
 【(Beautiful Life)  言葉  心にゆとりもってる? 】をテーマに3回の講義と全員参加のディスカッションでの一日セミナー(9時45分開始、15時30分終了)でした。
 今回の青年セミナーと三週間前に行なわれた愛知日進・名古屋瑞穂モラロジー事務所合同青年セミナーとを繋ぐ為、共通テーマを【Beautiful Life】とし、名古屋南部会の全5事務所が青年セミナーに参加しました。
 途中、全員参加型のディスカッションタイムを設けて、田中講師の講義だけではなく自分達が考える事で一層自分達の中に残るのでは?ということで作りました。

  

 青年セミナーにあたって、名古屋南モラロジー事務所の青年クラブが発足した当初から景山代表世話人が青年に対し必要以上に気を使って頂いたり、何回も自腹で飲み連れて行って頂いており、その代表世話人が今年度をもって交代となると聞いたので、代表世話人が喜ぶ事は何かと考えた所、私共の成長した証と青年から感謝の意味を込めて青年セミナーを行うことにしました。
「まだ早すぎるのではないか?」など周囲から言われもしました。 何もわからない状態での見切りスタートだったので、周りの事務所の青年クラブにノウハウを教えて頂きながら始めました。

青年セミナーとして動き始めて間もない時に、南部会から全体で青年セミナーをしたいとの要請がありました。名古屋南モラロジー事務所としても何もわからない1事務所より3事務所で行った方が力強いので、すぐに賛成させて頂きました。
 名古屋瑞穂・愛知日進事務所は、2事務所合同セミナーをすることが決まっていたので、今回の体制が出来上がりました。
 半年前にセミナー会場を見て以来、当日までみんなでの下見が出来きず、会場の大きさや感じが分からなかったのでセミナーの当日に会場入りしてから配置を考えなければならなかったですし、スタッフの人数も少なかったので時間的に厳しいと思いましたが、手伝って頂ける方々がたくさん来て頂いたおかげとみんなの行動の早さで時間内に会場をセッティングする事が出来ました。

 当日は、開会10分前になってもお客様が1/4しか来られて居なかったので不安でたまりませんでした。外を見ると会場までの道が大渋滞! 全く動いていない状況でした。
 実は、隣の建物で行なわれる大きなイベントと重なってしまったのです。 (後から聞いた話では、会場に到着するまでにかなりの時間を費やしたそうです。)
開催時間となり開会を遅らそうとも考えましたが、定刻通り9時45分に開会しました。その時も2/3は空いている状況だったので不安でした。
それでも時間が経過していくにつれてお客様も次々に来て頂き、会場が満員になり「ほっと」しました。

 目標人数を80人と決めていましたが、会場に80人のお客様に来て頂きたかったので、目標人数より2割アップの100人を申込目標人数と決めました。
 青年セミナーの4日前の集計で73人の申込があり、当日申込と言われた方が13人位おられました。当日参加も合わせて最終的には93人の大勢の方々に来て頂き本当に有り難く思いました。
 今回、私共のモットーは、全て手作りということでやって来ました。パンフレットやチケット・メイン看板や誘導看板の作成まで全て手作りです。
 今まで全て手作りでやって来たので当日の弁当はどうするか悩みましたが、「やってもいいよ」とスタッフの女性の方から心強い言葉を頂きましたので、お願いしまして若い方から年配の方々まで美味しく食べて頂ける弁当100名分を徹夜して作って頂きまして本当に感謝しています。
 スタッフの方々や、参加されました方々に色々と支えられ青年セミナーを無事終える事が出来ました。本当に感謝しています。

実行委員長 福島正浩(名古屋南事務所)