モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>京都中京区青年セミナー

京都中京区モラロジー事務所主催、第3回ユースセミナーが5月25日はウィズユーにて、26日は事務所会員の和田氏宅にて開催されました。
 前回に引き続きメインテーマは「人間力を鍛える」。サブテーマは「新たに“学ばなかったが、学ばなければならないこと”」と題しました。25日は、メイン講師として、服部道雄講師(モラロジー研究所)、パネラーに褐エ田フーズ代表取締役の原田晋一社長、京都市市議会議員の佐々木たかし氏、京都中央区事務所の岡本淳平氏、コーディネーターに和田淳司氏をお招き致しました。皆様の懸命なお誘いのおかげにより、多くの方に集まってもらうことができ、またうれしいことに初参加者も多く、モラロジーの魅力を知っていただくことができました。

服部講師は「人生で選べないことは多いが、心づかいと行いは選べる。神様から選ばれる人間になりましょう」と話され、参加者は真剣に耳を傾けていました。また、パネラーからは「本や勉強では学べない上下関係を若者が学び、打たれ強くなってほしい」「今の幸せに感謝することが義務に気づくきっかけになるのでは」との提言がありました。その後の交流会では、お酒を加え親睦を深めました。皆様のおかげにより、無事セミナーが終わった今、達成感とともに至らなかった点を反省しつつ、本当に学ばなければならないことを学ばせて頂けたと感謝しております。



<報告:実行委員長 浅野 真徳>