モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>「建国記念の日」京都の集い文化講演会

2月11日(祝・火)、京都産業会館8Fシルクホールにおいて「建国記念の日」をお祝いする京都の集い文化講演会を開催し、京都市を中心に342名の方に参加いただきました。京都府モラロジー協議会に参加呼びかけの協力をいただき、事前申込みが約254名、当日は産経新聞や地元紙に掲載されたこともあり、88名の方に参加いただくことができました。

「建国記念の日」である2月11日は『日本書紀』が伝える初代天皇である神武天皇即位の日として、1872年(明治5年)に制定された、かつての「紀元節」です。現行の祝日法(国民の祝日に関する法律)にもあるように、この歴史ある京都で「建国をしのび、国を愛する心を養う」場としたいという気持ちから、企画しました。
 講演会の前に日本の歴史、伝統、文化に基づく教育の実践をめざすNPO法人 まほろば教育事業団で学んだ中学生・井上みずほさん(中学2年生)による体験発表の後、岡田幹彦講師による、講演会が始まりました。岡田講師は、どの時代にあっても日本は皇室を中心にしてきたこと、明治期の先人のすばらしさ、欧米列強の植民地支配から独立した大きな要因は日本にあったこと(日露戦争、大東亜戦争)を紹介いただきました。


<報告:佐藤浩也(京都上京区事務所)>