モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>奈良県 留学生交流会

6月3日(日)、大和郡山モラロジー事務所にて開催された、アメリカからの留学生との交流会に参加しました。  一昨年の東日本大震災により東北へ留学予定者を奈良で受け入れたことが縁で、今年は17名の留学生が奈良県に来日しました。そのうち2名が奈良県のモラロジーのところでホームステイを受けれたそうです。  交流会は、日本の文化を知る分科会と懇親会の2部構成で、手巻き寿司など用意して楽しいひと時を過ごしました。


 

分科会は、「日本の良いところ」というテーマで話し合いを行いました。その中で、留学生から日本人は家族を大切にするところが素晴らしいという意見が出ました。 アメリカでは、子供は大切に世話をする習慣があるが、親に対しては日本人ほど世話するという習慣はないそうです。子供はもちろん親まで大切にお世話をするという家族3世代で助け合うという絆がとても美しく見えるとのことでした。 この話しを聞き、私は日本人であることに誇りと喜びを感じました。また、私にも子供がいますので、その子供たちにも、そんな素晴らしい日本の家族の絆を、受け継いでもらえるよう見本となる行動をしていきたいと感じました。













<大和葛城事務所 森本尚亮>