モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>第14回新成人感謝の集い

2月2日(日)、大阪府モラロジー協議会と青年クラブ主催による「第14回新成人感謝の集い」を開催しました。本年で14回目を数えます。
 当日は、暖かな天候に恵まれて、5名の新成人(女性5名)と198名の来場者の方にお越しいただきました。事前にご家族の方から新成人に向けてお手紙を頂戴し、新成人紹介と共に読み上げました。ご家族と共に過ごした軌跡と、新たな門出を祝う言葉、そして親が我が子を思う親心が、会場を感動的な空気で満たしました。
 新成人代表、中谷安彩美さんの新成人決意発表の後、大阪府協議会・古谷会長と大阪府協議会参与会・福田会長より祝辞があり、記念品が贈呈されました。
 記念講演には皇學館大學教授の松浦光修講師から『吉田松陰「士規七則」に学ぶ』と題して「成人」の条件についてわかりやすく丁寧な講話をいただきました。パーティでは12事務所の協力による模擬店、少年クラブの募金活動、女性クラブによるバザー、新成人へのクイズやビンゴゲームなどがあり、近畿ブロック次代構想担当、森下和彦(岸和田事務所)氏が中締めました。
 今年の新成人は、全員女性ということもあり、華やかな新成人感謝の集いとなりました。


<第13回新成人感謝の集い実行委員長 尾崎航平>