モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>奈良県佐藤薬品事務所 青年セミナー

1月18日に第9回となる青年セミナーを開催しました。今回は「子供も大人も学んで楽しめる」をテーマに講義、炊き出し、餅つき大会、そして凧上げ大会に加え、お子様の託児所設置等の初の試みを沢山実践させて頂きました。その結果、お子様連れの家族が多数参加され、盛大に開催することが出来ました。
 講義では、大阪平野モラロジー事務所から中山佳英子講師をお招きし、80分間(40分間2講演)の講義が開かれ、モラロジーとは、心づかいの学問であり、日々の生活の中での気づきや学んだことを紹介して頂きました。
 また、「過去と他人」は自分の心を変える以上に難しいが、「未来と自分」は人間性や品性を上げる努力をすることで変えることが出来、まずは、生きていく上で、色々な恩恵を受けていることに感謝する大切さを教えて頂きました。
 私達は、先人が築き上げた文明、文化の恩恵を受け安心・安全・便利な社会の中で時を過ごすことが出来ており、中山講師は、時の流れを一本の木(根=先祖、幹=自分、枝・葉=子・孫)を例えにし、命の流れの一点として自分の存在があることを説明して下さいました。先祖は命の源であり、大切にすることで子孫が成長することを幅広い参加年齢層が集うセミナーで、各世代に合わせて分かりやすく講義して下さいましたことを感謝したいと思います。
 最後になりますが、一本の木をより大きく成長させる第一歩として、家庭の中に良い習慣を作り、同じ方向を歩む大切さを教えて頂き、有意義な時間を過ごすことが出来たことに感謝致します。

<報告:辰己育広(奈良県佐藤薬品事務所)>