モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>大阪府3協議会 新成人感謝の集い

2月1日(日)、大阪府の3協議会(大阪府北部協議会・大阪府南部協議会・大阪府大阪市協議会)合同で「新成人感謝の集い」を開催いたしました。今年で15回目となる大阪の伝統的な行事であり、青年メンバーが中心となり企画・運営を行っております。
 当日は非常に寒い中、老若男女約270名が大阪講堂を埋め尽くしました。今年は11名の新成人をお迎えし、共々に感謝の心に満ちた温かな会となりました。
 廣池幹堂理事長からの祝辞(代読)、そして新成人ご両親からのお祝いメッセージをご紹介させていただいた後、新成人を代表し大阪平野モラロジー事務所の桝井あかりさんが「誓いの言葉」を述べられました。「これまで育ててきてくれた親や家族に感謝し、これからは恩返ししていきたい」と力強く誓って下さりました。
 記念講演には、高橋史朗講師(明星大学教授)をお迎えし貴重なお話を頂戴しました。「戦後の教育は、日本人が大切にしてきた道徳心や武の精神を奪ってしまった」という研究課題についてお話しくださり、「正しい歴史観・国家観を持ち、道義国家日本の再建に尽力してほしい」というメッセージを頂戴しました。また、講師ご自身がアメリカに留学された際のエピソードにも触れられながら、「志を持ち、‘着眼大局・着手小局’の心でコツコツ実行していくことが大切」と教えていただきました。新成人のみならず多くの青年が強く胸を打たれたことと思います。
 そして、厳かだった第一部から雰囲気は一変、鏡開き・乾杯で賑やかに第二部が始まりました。13の事務所が模擬店を出店し、美味しい料理が振る舞われました。アトラクションでは、新成人クイズ大会やビンゴ大会を実施し、お年寄りから子供達まで皆で盛り上がりました。
 当日は、東日本大震災の復興支援として、バザーコーナーや東北応援ブースを設置。また、子供たちが募金箱を持って会場を回りました。集まったバザー売上・募金は岩手県大船渡市の小中学校の支援に寄付させていただきました。
 最後になりましたが、この「新成人感謝の集い」開催にあたり、多くのご支援・ご協力を頂きましたご先輩、次代リーダー、女性クラブの皆さま、またご協賛いただいた企業様に対し、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

<報告:中山義浩(大阪平野事務所)>