モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>大阪府北部協議会 第1回歴史勉強会

6月13日(土)、大阪府北部協議会青年クラブ主催の第1回歴史勉強会を豊中モラロジー事務所にて開催しました。実行委員長は野寄真司さん(豊中モラロジー事務所)が取りまとめていただきました。  講師には菅野倖信先生(大阪旭事務所)にお越し頂きました。
 近代史に重点を置いた内容で、歴史勉強をする意義と目的とは、累代教育として歴史を知ることが、祖先がどのように生きてきたのかという、ルーツを知ることだと教えて頂きました。
 菅野先生が配布して頂きました資料を、一節ずつ輪読していきまして、輪読後に所感と述べた後で先生が補足を加えていくという実践的な勉強会でした。 最後に全体においての質疑応答や感想を皆さんで述べあいました。
 歴史教育で教わってきたことが本当に正しいのか。様々な見解の歴史情報が飛び交う現代において、我々自身もまた、情報を鵜呑みにせずに、何故そうなったのかという検証をしていく中で、我が国を知る必要性があることを学びました。また自国を知ることにおいて、皇室が大きなウエイトを占めていることにも気付かされました。
 懇親会におきましても、菅野先生を青年メンバーが囲み、より深い話をさせて頂きまして有意義な時間を過ごしました。

<報告:春田道正(摂津事務所)>