モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>奈良県協議会青年セミナー

9月13日(日)、奈良県協議会青年セミナー 〜幸せな家族になるレシピ〜を法相宗大本山薬師寺にて参加者155名で開催しました。
 講師として前田道弘副本部長(龍野事務所)、小林澤應録事(薬師寺)にお越しいただきました。
 今回は、奈良県全14事務所の青年代表が一丸となり準備を進めました。青年の交流はもちろんのこと、これから事務所を背負って立つ20代の掘り起こしを目的に、モラロジー(道徳)への参加・意識改革のきっかけに少しでもなっていただきたいとの思いで開催しました。
 前田副本部長には「幸せな家族になるレシピ」との資料を基に、熱い講義をいただきました。
人生設計のミッションを確立させるために、自分の人生をどう生きるか、自分のベクトルと共に歩いてくれるパートナーを探すこと(二師、三兄、五友、五弟)が大切とのことを学びました。
 小林澤應録事には特別法話として「爽やかに生きる」とのテーマでお話いただき薬師寺内を拝観させていただきました。特別に一般公開2日前の壁画も観賞し、貴重な体験となりました。
 又、普段体験出来ないお写経も体験させていただき写経中は全員が精神を集中し、慈悲の心が育まれた様に思えました。
 来年度の各事務所単位でセミナーやイベントを開催していくにあたり、今回の反省点を改善し今後の活動へ繋げていきたいです。
 最後に今回のセミナー開催にあたり、協力いただきました各事務所の先輩方に感謝します。

<報告:安田喜晴(奈良県佐藤薬品事務所)>