モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>『たつの市 市民善行賞』受賞!

 6月1日(木)『善意の日』に合わせて、龍野モラロジー青少年クラブが「学生生徒児童合宿セミナー」や「親へ思いを届けようプロジェクト」など日頃の青少年の健全育成活動を認められ、たつの市社会福祉協議会の推薦により、たつの市より市民善行賞をいただきました。これは、今まで長い歴史の中で思いを持って努力してくださった先輩や仲間みんなのお蔭であり、心から有難く感謝しております。
 表彰式には、青年を代表して林正人さんと妹尾綾乃さん、そして行政担当の前田道亮が参加し、林さんが市長より賞状と記念品を受け取り、お礼の言葉を述べていただきました。式後、市長を囲んで記念写真を撮りましたが、後日たつの市広報に掲載されるとのことです。
 表彰式で栗原市長から「現在たつの市は“みんなで創る快適実感都市”をキャッチフレーズにしていますが、快適を実感するのにいちばん大切なことは、社会が思いやりにあふれているということだと思っています。“積善の家には必ず余慶あり”の言葉がありますが、皆さんのような積善の人、家が増えることが快適実感都市には必要不可欠です。今後とも地域のためによろしくお願いします。」と挨拶があり、非常に感銘を受けました。市や市教委、市社協と思いを連動して社会のために活動出来ること、まさに今までの先輩方の積み重ねの結果であり、本当に有り難いことであると感謝する一日となりました。
 またこれからもみんなで楽しく仲良く未来へ向けて活動していきたいと思います!

<報告:前田道亮(龍野事務所)>