モラロジー青年活動ネットワーク




四国大会

テーマ:〜 橋を架ける 〜

詳 細

平成21年11月21日(土)〜22日(日)

≪21日・15:00開会  22日・12:00解散≫


メッセージ

これまでの、全国青年大会の思いを受け継ぎ、四国から勇気と学びの場を提供したいという思いで、今回はテーマを「橋を架ける」としました。先人から受け継がれた期待の橋、後世へつなぐ祈りの橋、同時にグランド・デザイン実現への夢の橋です。私たち青年モラロジアンにとって未来への橋となる大会したいと考えています。
 私たち四国の青年モラロジアンは、結束を固め、郷土の誇り四国八十八ヶ所、お遍路巡りにあるように徹底した“おもてなしの心”で皆様をお迎えいたします。
 皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。

参加の皆様へ

参加の前に こちら をご確認ください。


会 場

愛媛県武道館HP(メイン会場) 松山市市坪西町551
 松山市総合コミュニティセンター(懇親会会場) 松山市湊町7−5
  @案内図A案内図(広域)
 ※会場周辺地図はこちら(PDF)

 
大きな地図で見る

ポスター

対 象

18歳〜39歳までの青年クラブメンバー

定 員

9月30日で締め切りました。
 ※参加者600名

参加費

大人 15,000円(高校生以上)
 小・中学生 10,000円
 ≪宿泊費・食費込み≫


記念講演 演題:「坂の上の雲」の時代を支えた日本人の志

講 師:大津寄 章三 氏 (愛媛県松前町立岡田中学校 教諭)

プロフィール

昭和31年、愛媛県松山市生まれ。広島大学教育学部卒業後、中学校
 教諭となり、松山市及び近辺の学校で主として国語・社会を担当。
 勤務のかたわら新聞・雑誌への投稿、講演活動を続ける。
 「日本の歴史に学ぶ会 愛媛」専任講師、「健全な男女共同参画社会を
 めざす会」幹事。
 共著に、「新訂版 新しい公民教科書」、「同 教師用指導書」(扶桑
 社)、「新教育基本法6つの提言」(小学館)、「私たちの美しい日の
 丸・君が代」(明成社)」、「語り継ぎたい日本人」、「先人の勇気と
 誇り」(モラロジー研究所)がある。
 現在、地元経済誌「海南タイムズ」にエッセイを連載中。

スケジュール



11月21日(土)

11月22日(日)

14:00

受 付
(愛媛県武道館)
6:30朝 食

15:00

開 会・
オリエンテーション
7:45お遍路体験
(第五十一番札所 石手寺)

15:30


記念講演
大津寄 章三 講師
(松前町立岡田中学校教諭)

9:30
講 義
高田 美孝 講師
(当研究所生涯学習本部 副本部長)


16:30

記念撮影10:10

青年座談会
八十八ヵ所A

16:40

休 憩11:30閉会式

17:00

青年座談会
八十八ヵ所@
オプションツアー出発(申込者)

18:00

懇親会会場へ移動

19:00

懇親会
(松山市総合コミュニティーセンター)

21:00

ホテルへ移動

※プログラムは変更する場合があります。
※青年座談会八十八ヵ所は、郷土の偉人紹介やお国自慢をもとにディ
 スカッションを行い、私たちの志を確認しますので、事前学習の
 上、ご参加ください。

参加について

※参加はすべてのプログラムの参加が前提となります。
 ※40歳以上の方の単独でのご参加はご遠慮ください。
 ※子供の受け入れは小学生〜18歳未満とします。

オプションツアー

オプションツアー詳細は・・・こちら

参加申し込み ※締め切りました。

チラシ


チラシに必要事項を明記して所管のブロックへお申込みください。
※締切:9月30日(水)



大会情報

@駐車場に限りがあります。公共交通機関をご利用ください。
 A武道館は土足、飲食禁止ですので、予めご了承ください。


※過去の大会の様子は下記よりご覧ください。

 北海道大会関東大会九州大会大阪大会東海大会


お問合せ先

全国青年大会・事務局

〒277-8654
 千葉県柏市光ヶ丘2−1−1
 モラロジー研究所 青年活動推進担当
 電話:04-7173-3312 / Fax:04-7176-1177
 メール:many@moralogy.jp