モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>M-net高知 チャリティバザー
    平成17年11月27日(日) 高知城日曜市

    

11月27日に高知市は藤並公園で、第31回チャリティバザ-を開催いたしました。
 会場は高知城下の観光名所の一つに挙げられる大規模な日曜市のすぐ隣で、観光バスツア-で県外から来られたツア-客をはじめ、多くの人々で賑わい、朝からさわやかな晴天の下、10時から14時の約4時間で大方のものを完売することが出来ました。
 約25名のスタッフでバザ-で販売したものは、モラロジ-会員の方々からの持ち寄りの引き出物等の出品物、野菜、みかん、おもち、杵つきもち、やきそば、ちらし寿司、生ビ-ルです。
 例年の事ですが、会場で、実演販売している杵つき餅は、一番人気があり、時おり小さな子供達も、興味深く杵つきにチャレンジしています。
 高知県下の青年と女性サ-クルが中心となって続けられているこのチャリティバザ-の仕入は、全てモラロジアン会員の所から仕入をしており、みかんも、モラロジアン会員の園地で、スタッフでみかん狩りを行って、仕入たものを販売しています。
 そして収益を高知市、ユニセフ、NHK歳末助け合いなどへ寄付をさせていただいています。今年は収益の一部をインドネシア-スマトラ島沖地震被災地へ義捐金として送らせていただきます。

レポート:泉 貴夫(M-net高知)