モラロジー青年活動ネットワーク

笹幸恵氏講演会ご案内


「君たちのおじいさんの世代はとても悪いことをしたんだよ―」
小さい頃学校の授業で先生にこう教えられた笹氏。祖父が大好きだったため、「なぜ先生は会った事もないのに悪人と決め付けるのだろう」という疑問を抱いた事をきっかけに戦史に興味を持つ。先の敗戦・占領から日本が独立を回復して六十年。いまだ日本に送還されていない戦没者のご遺骨は全体で百十三万柱にのぼる。笹氏は太平洋の南方の島々など十数か所の戦跡を巡り、遺骨収集活動を続ける中、80歳を超える戦友会の方々の後姿に凛とした「日本男児」としての生き方を見た。笹氏は『れいろう』(H24.2月号)で次のように語っている。「国を思い、戦った祖父世代の記憶を語り継ぐ事、それが豊かな今を生きる私たちの役割だと思うんです。」戦争について語れる世代もわずかとなった現代。若い世代が戦死への関心を持ち、命を捧げた将兵たちの存在の大きさに気づくきっかけを「戦史検定」などの事業を通して提供している。

今回の講演では、各地での取材や遺骨収集の体験をもとに「信念を貫く日本人の生き方」についてお話いただきます。また、併設して「戦史検定」を開催。(※戦史検定では、検定で得た収益をもとに慰霊碑の保全と補修を行っています。)皆様お誘いあわせのうえ、ぜひともご参加ください。

笹幸恵氏講演会

開催要項

日程

テーマ:「信念を貫く日本人の生き方」

時 間:13:05〜14:35(受付12:00〜)

参加費:¥1,000

定 員:150名

会 場:モラロジー研究所 廣池千九郎記念講堂

対 象:廣池学園・モラロジー研究所の教職員、
     モラロジー事務所登録維持員・会員、
     『れいろう』読者、麗澤大学生など

要 項:こちら(PDF)

        
笹幸恵氏プロフィール
笹幸恵氏

昭和49年(1974年)神奈川県生まれ。出版社の編集記者を経て平成13年に独立。ガダルカナル島をはじめ南方地域の戦跡をめぐり続けるジャーナリスト。公益財団法人特攻隊戦没者慰霊顕彰会理事、近代史研究会(Panda会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。


オプション企画!

今回はオプション企画で、講義終了後希望者は戦史検定を受検することができます。

時 間:14:45〜15:45 ※予定

会 場:モラロジー研究所内

受験費:初級 ¥3,800(受験者は講演料無料)

主 宰:NPO法人JYMA日本青年遺骨収集団、近現代史研究会(Panda会)

特 典:合格者全員、靖国神社遊就館内茶房「結」などで割引を受けられます。

    
参加申し込み

こちらを印刷しFAXしていただくか、お電話にて受け付けております。


お問い合せ・お申し込み先

〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
 廣池学園モラロジー事務所 青年クラブ
 TEL:04−7173−3290