モラロジー青年活動ネットワーク

<募集>2013ミクロネシア諸島自然体験参加者募集!

「ミクロネシア諸島自然体験事業」は、子どもたちがミクロネシア諸島のサンゴの海や森など豊かな自然の中で、現地の子どもとスポーツやレクリエーション活動などを通して、自然のすばらしさや世界の人が協力することの大切さを学びます。
この事業は、子どもの健全な育成を図る体験活動や読書活動などへの取組みを支援する「子どもゆめ基金事業」の一環として実施するものです

開催要項

事業主催

独立行政法人 国立青少年教育振興機構

後  援

外務省、文部科学省、マーシャル諸島共和国、ミクロネシア連邦、パラオ共和国

実施期間

平成25年7月23日(月)〜8月1日(水) <マーシャル諸島共和国、ミクロネシア連邦(ポンペイ州)、パラオ共和国>

※各初日は、国立オリンピック記念青少年総合センター<東京都渋谷区>に集合し、1泊の事前研修を行います。

活動内容

(1)海や森林での活動プログラム
豊かな自然の残る地域を訪問し、サンゴの美しい海での遊泳、浜辺遊び、亜熱帯のジャングル散策などを行います。自然を観察し、自然・環境の大切さや雄大さを学びます。

(2)安全を重視した野外生活体験
自然の中のロッジ(小屋)で宿泊をします。(食料、飲み物や野外生活用具を準備します。)野外生活体験ではシャワーもトイレを流すのも雨水と汲んできた海水だけです。水の貴重さと自然の大切さを学びます。

(3)ホームステイ
島の人たちが普段どのような生活をしているのか、一緒に過ごして異文化体験を行い交流を深めます。

(4)スポーツやレクリエーション
訪問先の同年代の子どもたちと、スポーツをしたり歌やおどりの披露を通して文化交流を行います。

※ 但し、気象状況などにより活動内容が変更される場合があります。


応募人員及び応募資格

日本国内に在住している小学校5年生から中学校2年生までの男女48名

@初めて出会う日本や外国の子どもと共に仲良くスポーツや遊び、生活ができること。

A自分の身のまわりのことは、自分でできること。

B自然の中でのキャンプや海や森の中での活動ができること。

C普段の生活と異なった場所で共同生活ができること。

Dいつも飲んでいる薬がある場合、決められた飲み方、飲む量を守ることができること。

E飛行機や船などを利用した長時間の移動ができること。

※学年は平成25年4月2日を基準といたします。
  ※2008年度〜2012年度「ミクロネシア諸島自然体験事業」への参加者は、応募できません。

チーム編成

子ども8名とリーダー1名で1グループとし、2グループで1チームが構成されます。
  各チームにはディレクター、コーディネーター、通訳、看護師が各1名配置されます。

参加費

ひとり 75,000円
 (往復航空運賃、期間中の宿泊費及び全食事、研修、見学などのプログラム活動の一部に充当されます。)

 
参加申込方法

参加申込書および健康状態調査票に必要事項を記入の上、国立青少年教育振興機構宛に送付してください。
  参加申込書・健康状態調査票はこちらからダウンロードできます。

参加申込書類提出の締切

平成25年5月17日(金)必着

お問い合せ・お申し込み先

〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3番1号
 国立青少年教育振興機構 ミクロネシア諸島自然体験交流事業担当係 
 TEL:03−6407−7756
 受付曜日:月曜〜金曜  ※土曜・日曜・祝日は受け付けておりません。
 受付時間:10:00〜17:00