モラロジー青年活動ネットワーク

<報告>平成21年度 ジュニアセミナー in かしわ

柏キャンパスに8月5日(水)〜7日(金)の2泊3日の日程で、ジュニアセミナーinかしわを開催しました。このセミナーは、平成14年からモラロジー研究所柏キャンパスで土日を活用した体験事業の「心のふるさと学級」に代わるものとして今年から実施。小学4年生から6年生を対象として、当日は、柏市を中心に遠方は四国・九州から参加者19名が集いました。

夏休みの間に大切なことを身につけることを目的に“感動”の「か」、“志”の「し」、“和”の「わ」を3本柱としてよき思い出つくりと学びをおりまぜたプログラムを展開しました。

セミナーの主な内容は、セミナーを送るための生活目標設定、健康でいられることを体験するレクリエーション、感謝で1日をふりかえる今日のありがとう、テント設営、論語の素読、日本の先人(二宮尊徳、光明皇后)に学ぶ、夢を実現する素晴らしさを学ぶ『ニューモラル』の輪読、学んだことを歌にするジュニアソング、空缶でお米を炊くバーベキュー、家族の大切さを知るサプライズ企画と工夫を重ねました。

ジュニアソングは、このセミナーのために立志、思いやりの大切さを実感してもらおうとスタッフが1番と2番を作詞、また京都の山アさん(舞鶴モラロジー事務所代表世話人)の協力をえて作曲したものです。子供たちには、学んだこと、大切だと思ったことを紙に書き出してもらい、それを集約し3番の歌詞を作成し、完成させました。

また、サプライズ企画では、事前に保護者に依頼していた子供への思いを綴った手紙をを読んでもらいました。子供たちは、ろうそくの明かりを手がかりに両親の手紙をじっくり読みました。親の愛情を受け止め、中には涙ながらに手紙を読む子もいました。

最終日は、思い出づくりです。それぞれ学んだこと、セミナーの思い出を大きな紙に記入し、最後は中心に“志”の文字をいれました。まとめとしてアルバムづくりをしました。アルバムには将来の夢、夢を叶えるためには、両親へ感謝の手紙を記入しました。
 その夢と手紙は、閉会の立志式で発表、感動の中で、最後にみんなでつくったジュニアソングを歌い閉会しました。

 

来年も、子供たちの志と思いやりの心を育てるプログラムを用意し、夏休みに大切なことを身につけ、感動あるセミナーをめざします。
 子供たちとつくったジュニアソングを紹介します。歌詞は、こちら、曲は、こちらからどうぞ。

 

(レポート:青年活動推進担当)