モラロジー青年活動ネットワーク

ユニセフ ハンド・イン・ハンド

年末に募金活動をしませんか!!

「ハンド・イン・ハンド」とは

「ハンド・イン・ハンド」とは、世界の子どもたちの幸せと明るい未来を実現させるため、一人ひとりがボランティアとして参加する、身近な「国際協力活動」です。
 1979年の「国際児童年」に始まり、今日まで継続して行われています。参加方法はアイデアしだい!日本中で、さまざまな機会、さまざまな場所で、私たちの思いを世界の子どもたちへ届けましょう。 ユニセフ ハンド・イン・ハンド
 モラロジー研究所では、第1回からこの事業の企画・運営に携わるとともに、国際理解・教育・協力活動の一環として、全国の皆様の協力を仰いでまいりました。

 今年度、第36回の取り組みはこちら  ユニセフのHPはこちら

届けたい。すべての子どもたちに”いのちを守る方法”を

幼い子どもたちの幸せと明るい未来のために

世界には、予防接種といったような「いのちを守る方法」に出会うことなく一生を終える子供たちが存在しています。開発途上国では、最も厳しい状況にいる20%の世帯の5歳未満の子供たちの死亡率は、最も豊かな20%の世帯の2倍以上に達すると言われています。予防接種が受けられていたら、経口保水塩を摂ることができたら・・・。「いのちを守る方法」に出会えていれば、支援が届いていれば、もっと多くの子供たちを助けることができます。
 ハンド・イン・ハンドは、こうした「命の格差」をなくし公正な世界を実現するため、日本全国みんなの手と手を結んで支援の和を大きく広げることを目指します。


年末は街頭募金

世界で、命を失っている子供たちのことを日々意識することは、なかなか難しいことかもしれません。私たちができることから取り組みましょう。このキャンペーンきっかけに、思い切って街頭募金をしてみてはいかがですか?
身近な仲間や、子供たちとともにお取り組みください。

期 間

毎年12月中(当法人が参画する期間)

毎年、全国50会場で実施!

毎年10月頃に日本ユニセフ協会を通じて、全国の地方組織に参加の呼びかけを行っており、モラロジー団体関係として、毎年全国50会場を超えるご協力をいただきいております。
 この事業の趣旨に賛同しご協力いただける青年クラブは、まず地方組織で計画されているかどうかご確認のうえ、ご協力ください。
 また募金活動参画希望の方は、お近くのモラロジー事務所・ニューモラルクラブにてお問い合わせください。

詳細につきましては、青年部青年育成課までお問合せください。

お問い合わせ先

モラロジー研究所 青年部・青年育成課

電 話:04-7173-3312 FAX:04-7176-1177
 メール:many@moralogy.jp